会社 案内



商  号 株式会社 共栄デザイン
所 在 地 本社 工場
〒192-0154
東京都八王子市下恩方町805-5
TEL 042-651-6946(代)
FAX 042-651-9622
Email info@kyoeidesign.co.jp

栃木事業所
〒321‐3423
栃木県芳賀郡市貝町大字市塙1320‐1
TEL0285‐68‐2769
FAX0285‐68‐2905

創  業 昭和60年2月
設  立 昭和61年5月
取 締 役 代表取締役 谷 良則
資 本 金 1,000万円
従 業 員 32名
営業 品目 真空注型・小ロット鋳造・工業デザインモデル全般
取引 銀行 東京都民銀行 八王子中央支店  多摩信用金庫 恩方支店
青梅信用金庫 恩方支店


昭和60年02月 谷 邦夫 八王子市川町にて共栄デザイン創業
昭和61年05月 資本金500万円をもって有限会社共栄デザインを設立
平成02年06月 八王子市下恩方町に自社工場を新設
平成10年04月 業務拡大の為、現住所に本社・工場を新設し、移転
平成10年06月 資本金1,000万円をもって株式会社共栄デザイン改組し現在に至る
平成13年10月 栃木事業所を新設
平成27年09月 代表取締役に谷良則就任

 




八王子 本社工場: 東京都八王子市下恩方町805-5

より大きな地図で 株式会社 共栄デザイン 八王子本社 を表示


栃木事業所: 栃木県芳賀郡市貝町大字市塙1320‐1

より大きな地図で 株式会社 共栄デザイン 栃木事業所 を表示

 




 CAD/CAM
 CATIA Ver5  IBM PLM ソリューション 1台
 unigraphics/EYE  牧野フライス製作所 2台
 MASTER CAM  JBM 3台
 MYPAC  倉敷機械 2台
 Pro/ENGINEER  吉川メイプル 1台
 Solid Works  吉川メイプル 1台
 Work NC  セスクワ 2台
     
 マシニングセンター    
 森精機SV-503  800×510×510 1台
 キタムラ機械 カッティングセンター4   600×1000×305 1台
 FAUNAC ロボドリル α-T14iA  500×380×300 2台
 FAUNAC ロボドリル α-T14iAL  700×380×300 2台
 FAUNAC ロボドリル α-T14iCL  700×400×330 1台
 FAUNAC ロボドリル α-T14iFL  700×400×330 2台
       
  3次元座標測定装置  Carl Zeiss
 CONTURA G2
1台
     
 真空注型装置   11台
 自動吐出機   2台
 脱泡装置   3台
 オーブン   16台
 ブラスター装置   2台
 パネルソー   1台
 横切盤   1台
 彫刻機   6台
 フライス盤   2台
 旋盤   2台
 ボール盤   5台
 塗装ブース   2機
 アルミ・亜鉛用溶鉱炉   4式
 真空槽   2台
 減圧装置   2式
 横切り盤   1台
 大型冷凍付乾燥機    1台
 大型乾燥機   2台
 中型乾燥機   2台
 小型乾燥機   1台
 湿式集塵機   1式
 ブラスター   1台
 バンドソー   2台
 タッピングマシン   2台
     

previous arrow
next arrow
PlayPause
ArrowArrow

 



  • 株式会社ウシオ電機
  • 株式会社神戸製鋼所
  • 産電機株式会社
  • シャープ株式会社
  • シチズン時計株式会社
  • 株式会社東芝ライテック
  • パナソニック株式会社
  • 株式会社日立製作所
  • 日立工機株式会社
  • 日立ライティング株式会社
  • 株式会社日立国際電気
  • PFU株式会社グループ
  • 富士通コンポーネント株式会社
  • 富士電機インスツルメンス株式会社
  • 富士電機システムズ株式会社
  • ホンダエンジニアリング株式会社
  • 株式会社ホンダロック
  • 三菱電機株式会社
  • 三菱電機エンジニアリング株式会社
  • 三菱電機ホーム機器株式会社
  • ヤマハ発動機株式会社
  • 岩崎電気株式会社
  • 池上通信機株式会社
  • 日本電産株式会社グループ
  • JUKI株式会社

    その他多数



 株式会社共栄デザイン環境活動方針

 当社は、高尾山麓の豊かな緑に包まれた環境の中で、1985年創業以来真空注型 専門会社として業務を進めて来ましたが、今日に至っては真空注型の技術を応用 した亜鉛、アルミ鋳造及びマスターモデル製作並びに塗装と、業務内容も増加してきており、2005年 9月には、石膏鋳造部門の栃木事業所への完全移動を実施しさらなる業務拡大を図っております。
 今後この活動を定着させ 「環境負荷の低減及び汚染の予防に対する社会の要望に応えることが当社の責務である」 と認識し以下の活動を推進します。

1.環境保全理念
 地球環境の保全を重要な経営課題の一つとして位置付け、企業活動のあらゆる分野で、全社員が環境との調和、環境改善への配慮ある行動を行い、当社の経営理念に基づき継続的に活動していく

2.環境方針
 1)環境影響物質の排出および使用を削減する。
 2)環境意識高揚教育の実施。

3.自主基準・目標
 1)環境影響物質による環境負荷低減
  ①化学物質管理の徹底
 2)教育啓蒙活動の推進

4.実行計画
 1)環境影響物質による環境負荷低減
  ①不具合の発生の調査と管理
  ②化学物質管理体制の構築および、法規制ならびに顧客要求の遵守
 2)教育啓蒙活動の推進
  ①定期的な環境教育の実施

 2018年9月3日 株式会社共栄デザイン 代表取締役 谷 良則