真空注型技術

真空注型の特長

シリコンゴムを用いた真空注型により、ウレタン樹脂・エポキシ樹脂にて試作品の複製が精密かつ短納期、低コストでお届けできます。技術情報

  • マスターモデルからの転写により短納期、低コストの型作りが可能。 
  • ABS、PP相当樹脂及びシリコンゴムやウレタンゴムでの複製が可能(近似色着色可能) 
  • アクリル樹脂相当の透明品の複製可能(近似色着色可能) 
  • インサート、アウトサート部品の同時注型が可能(ネジ用インサート金具、ターミナル等)

真空注型の用途

  • 機能チェック
  • 商用サンプル
  • 金型検討用

真空注型の材料

  • ウレタン樹脂(ABS、PP相当) 
  • エポキシ樹脂(アクリル樹脂相当) 
  • ウレタンゴム(硬度50 90度) 
  • シリコンゴム(硬度30 70度) 
     すべてにおいて着色が可能です。

真空注型の対応サイズ及び納期

  • 平物マスターサイズ 1200×650×50 
  • 箱物マスターサイズ 600×600×300 
  • マスター完成後、最短3日で頭出し 

真空注型での複製可能数

  • ウレタン樹脂は20個程度可能(真空注型による)
  • 透明品は10個程度可能(真空注型による)

真空注型のマスターモデルとしてプラスチック製品の加工も致します。

真空注型品の製作工程
シリコンゴムを利用した真空注型によりウレタン樹脂、エポキシ樹脂にて試作品の複製が精密かつ短納期、低コストでお届けできます。シリコンゴムやウレタンゴムの注型も可能です。着色注型はもちろんのこと、インサートを使用した同時注型も可能です。